看護部について

〜 ナースの声 〜

2013年4月入職 一般病棟勤務
入職して4年目の篠原さん。 小さいころから病院にかかることが多く、その時にケアをしてくれたナースたちに憧れて看護師になりました。看護学校に通っていた頃に当院から奨学金を受け、現在は一般病棟で毎日業務をこなし、着実にナースとして成長できるように頑張っています。先輩ナースが初めてのことなど一緒にやってくださったり、質問にもすぐに答えてくださったりするので、感謝の気持ちでいっぱいです。同期の高坂さんとは同じ病棟なので、わからないことや新しく学ぶことが共有できるのでとても心強いです。お休みの日は寝ていることが多いですが、病院から軽井沢ショッピングモールも意外と近いので、気分転換に仕事後にショッピングに行ったり、テニスをしたりしています。

 

 


2013年4月入職 一般病棟勤務
入職して4年目の瀧澤さん。
祖父を看てくれた訪問看護師の姿を見て自分もいつか看護師になりたいと思いました。当院から奨学金を受け、卒業後一般病棟に配属になりました。毎日の業務、研修、勉強会、そして先輩から様々な刺激を受けて着実に看護師として成長しています。同期の篠原さんとは学生の頃から一緒だったので、同じ病院で同じ病棟なので、情報交換をして支え合っています。仕事なので大変なこともありますが、ここは人間関係がとても良く、先輩職員が率先して動いてくれるのでその姿をみていろいろと学んでいます。まだ慣れないことも多いですが、学生の頃にやっていた新体操を時々してリフレッシュしています。あとはドライブが好きなので、この近辺は自然が多いのでお休みの時はドライブなどに行っています。

 

 


2011年4月入職 一般病棟勤務・看護主任
入職して6年目の長澤さん。看護学校に通っていた頃に当院から奨学金を受け、現在一般病棟で看護師として頑張っています。はじめは外来や病棟のローテーションでいろんな事をたくさん吸収しないといけなくって大変でしたが、今では看護ケアに少しゆとりが出てきました。今では一般病棟のリーダー業務もデビューし、日々患者さんのケアに励んでいます。お休みの日には職場の先輩と飲みにいったり、遊びにいったりしてリフレッシュしています。


 

 

2005年6月入職 看護副師長
入職して12年目の高塚さん。御代田中央記念病院では、日々様々な疾患に対応しなければならないので、自主的に勉強したりして、後輩看護師のいいお手本になれればと日々向上する気持ちを忘れずに努力をしています。今ではリーダー業務をし、医師とのコミュニケーション、指示を的確に他の看護師に伝える役目を行っています。看護師としてゆとりができた今、さらに、患者さんの痛みや辛さを取り除き、入院生活の質の向上を図っていきたいです。向上心の旺盛なスタッフの方が多いので、自然と自分から学ぼうという気持ちが湧いてきます。一つひとつの業務を考え、分析し、行動に移してさらにそれを評価する。この繰り返しで自分の行動を自覚的に反省し、患者さんにどう接するかを日々課題にし、考え、取り組んでいます。最近ではアメリカ看護研修に参加させていただき、とても貴重な体験にもなりこれからの看護するうえで生かすことができればいいなと感じました。