リハビリ
テーション科

リハビリテーション科















【リハビリテーション科について】
リハビリテーション科では11名の理学療法士と9名の看護・介護スタッフが連携を取りながら、365日体制でリハビリを行っています。

病院の外来・入院患者様だけでなく療養病棟や、病院に隣接する老人保健施設やまゆりの園の入所者様、通所リハビリに通ってこられる方々、御代田町の介護予防教室として実施しているブラッシュアップクラブ(週2回開催)に参加している方々等、急性期から慢性期・予防事業への積極的なリハビリを実施しています。

具体的な方法として、年齢や疾患を問わず実施できるRedcord(レッドコード)という機器を用いたリハビリが当院の特色のひとつです。




 

現在、日本にはRedcord国際インストラクターが13名いますが、当院にはそのうち3名の国際インストラクターが在籍し院内・院外活動を積極的に行っています。

また、スタッフは積極的な教育を受け研修会参加や学会発表・論文発表を行なえるような環境で日々精進しております。平成24年度は、第15回レッドコード学術記念大会において当院1年目のスタッフが演題発表を行い、大会長賞を受賞しました。
皆様へより良いリハビリテーションをご提供できるようスタッフ一同頑張ってまいります。